龍が如く0 蒼天堀水商売アイランド 神室町マネーアイランド シノギ攻略

龍が如く0で導入された「シノギ」システム。サブストーリーの一環のような立ち位置で本編とは別の軸で物語とゲームが進んでいくというもの。

お金稼ぎの手段として有用なほか、クリアしていくと能力強化の外側の封印が解かれることでさらなる強化が可能になっていく。

この記事では桐生編、真島編それぞれのシノギの攻略方法と裏ボス「亜門」へつながる情報をまとめている。

スポンサーリンク

神室町マネーアイランド

第5章からプレイできるようになる桐生編シノギ。スムーズなクリアには大金が必須となるので、事前にカツアゲ君を狩りまくっておくことをおススメする。

クリアすると伝説スタイル「堂島の龍」解禁。やりこむなら必見。

基本の流れ

電車こそないが一人桃鉄。人員(アドバイザー・ガードマン)を各エリアに配置し、物件に投資しで規模を高めて、決算を待つ。売上は桐生の財布に入る。

物件に投資することでエリア占有率が上がり、90%を超えるとそのエリアのボス戦となる(通常戦闘)。すべてのエリアのボスに勝てばクリア。

なお、ほとんどの物件は外に出て自ら足を運ぶことで購入する。大体の位置はステータス画面のシノギから確認可能。物件への投資よりも効率的なので資金の許す限りどんどん買っていこう。

CP交換により売上金回収スピードが上がる。カツアゲ君が苦手ならとっておこう。

おススメ人員

クリア済みのサブストーリーに登場したキャラクターが順次仲間になってくれる。

アドバイザーとして強力なのはミラクル。コストはかかるが全方位に優秀で、どこに投資しても結果を残す。桐生はカツアゲ君でもらえる額が大きいので、シノギは赤字になっても特段問題ない。多少無理をしてでもミラクルを使い倒すのが楽なクリアへの道。

ガードマンやアドバイザーは対決中のエリアには能力の高いキャラを、クリア済みのエリアには相対的に無能なキャラを配置すればOK。たまにマネーバトルになりボタン連打を要求されるが、資金が十分にあればまず負けない。

蒼天堀水商売アイランド

第7章からプレイ可能になる真島編シノギ。稼げる額はそれなりに大きいのだが、1ターム3分とそれなりに長いので効率だけならカツアゲ君を狩った方が楽。

なお、クリアすると伝説スタイル「嶋野の狂犬」が解禁される。1以降の真島の基本形となる動きで戦うことができるようになる。

基本の流れ

3分間の経営ミニゲームを続けエリアファンを増やしていく。ファン数が増えると各エリアごとのキャバクラバトル(ライバル戦)が可能になる。

蒼天堀すべてのキャバクラを倒せばクリア。キャバクラの売上はそのまま真島の持ち金になる。

出資提携について

ファン数は各エリアの店舗への出資提携でも増やせる。桐生と同じく外に出て対象店舗を調べれば出資可能。

なおファン数は通常営業でも十分増やすことができるのでこの行程はクリアに必須ではない(達成目録の足しにはなる)が、その場合は客にプレゼントを配るなど通常営業で客増加を意識する必要がある。

キャストの選び方と獲得方法

キャストはプラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズの順に優秀。プラチナは言わずもがな常時起用し、残りキャストも極力GOLDだけ使っていく。

街中で見かける女の子のスカウトはゴールドがほぼいないものの、雇った人数に応じた達成目録もあるので無駄ではない。街中の女の子はブランド物のバッグ・ネックレス・香水を要求してくるので事前に買っておくと楽。

一部サブストーリーをクリアすると店を出てすぐの位置(ドリームマシン周辺)に追加キャストが出現する。比較的優秀なのが大阪のオバタリアン「悦子」とダンサー「磯部先生」。悦子はストーリー上通る位置で出会うサブストーリーだが、磯部先生はマハラジャで3回躍らないと出現しないので見逃しやすい。

ドレスアップについて

プラチナキャストのみ可。頭からつま先まで自由にコーディネイトできる。

能力に直接影響が出るのは香水で調子を整える働きがある。購入必須。

ドレスアップしていると右下の beauty cute などの評価が上下するが、プレイ中そこまでの影響を感じなかった。×でも大富豪が満面笑顔でスタートする場合もあれば、◎でも激怒スタートのこともある。最重要は基本能力。

なおドレスアップ画面でアクセサリを購入しまくる達成目録がある。プラチナキャスト1人につき3cpもらえるので、CP不足で悩んでいれば活用しよう。

特別練習について

プラチナキャストのみ可能。過去作の要領で会話や同伴練習によりキャストの能力を高める。

なお経験値を得るだけなら通常営業でも可能であり、特殊能力獲得などのイベントは特にないのでシノギクリアに限って言うと必須ではない。しかし特別練習をこなすことでサブストーリーが発生する仕様なので、亜門と戦いたければ真島はシノギ完全攻略が必須となる(桐生は最後まで進めなくてもOK)。

特別練習は1営業に1回可。女の子1人につきサブストーリーが出るまでの特別練習は7回。
全員分のサブストーリーを消化するには結構な時間がかかる。よって水商売アイランドのシナリオ進行中にも必ず特別演習は挟んでおこう。

通常営業は3分間何もせずに客足0で画面を放置して特別練習だけこなしていく方が効率的。
同伴によるミニゲームはセレクトボタンから中断してもOK。バッドレッスンになるが、1回分の特別練習としてきっちりカウントされる。

ーーー以下、経営中のポイントを解説。

客の表情(満足度)について

客が座席に座った段階で画面左から女の子を選ぶことになる。この際に選んだ女の子にどれだけ客が満足しているかが顔マークで表示される。なるべく笑顔マークになるような女の子を選ぼう。能力の高い女の子ほど笑顔になりやすい。

なお怒りマークになってしまうと、一定確率で後述のトラブルが発生し帰ってしまう。逆に笑顔マークではじまれば、後述の時間延長によるフィーバー化が可能。

フィーバータイムについて

右下の赤紫ゲージがたまると発動できる。レベルなら2席ランダム、レベル4なら4席ランダム、レベル3なら6席(全席)をフィーバー状態にできる。

フィーバー状態になれば客層に応じて一定金額の注文が入り続けるようになる。激怒マークだった客でもフィーバーできるのは大きい。

キャバクラバトルについて

各エリアのファン数を一定以上にするとイベントが2回挟まりキャバクラバトルが行えるようになる。これに勝利することが当面の目的となる。

利益額で勝つのが目的なので最優先事項は売上。売り上げを高めるには客質・女の子の質も影響するが一番は「ファン数」。勝てないと感じたらとりあえず通常営業を連発したり提携店舗を増やすことをおススメする。

キャバクラバトルの際はフィーバーの使い方が重要。敵はこちらにダメージを与えるような攻撃をしてくるが、フィーバータイム発動により相手のゲージが減るので敵の攻撃頻度を下げることができる。また、フィーバー状態になったテーブルは攻撃の影響を受けなくなる。

接客について

テーブルから呼ばれたら△で向かう。呼ばれたときのイベントは「ハンドサイン」「トラブル」「お会計」の3つ。

ハンドサイン
ハンドサインは手の動きで女の子が指示を出してくる(見に行くのが遅いと出してくれないが字幕が出る)。分かりにくいものとしてピストルのような手はゲストグラス、親指・小指を立てて下に向けるとアイス交換となる。残りは見た目からでも選択肢がわかりやすい。素早く正しく選択できれば追加注文・客の満足度アップ・体力回復と恩恵大。

トラブル
「女の子をかばう」「お詫びの品を渡す」がおススメ。成功すれば満足度が少し上がる。

お会計
満足度と時間(コース)に応じて段階がある。

最大なら「高級お土産をお渡し」「女の子にご褒美を渡す」がおススメ。前者はファン数が大幅に増え、後者は女の子の体力が大きく回復。用途に応じて使い分け。

30分コースで入った客が笑顔・満面笑顔かフィーバーならお会計時に「ご延長は?」を狙う。延長が成功するとフィーバー状態(最大)になる。

普通以下ならファン数を増やしたければ「お土産」、女の子回復を優先するなら「褒める」でOK。

ライバル戦に勝てない時は

何はともあれ最重要はファン数。これが少ないとそもそも客が来ないのでキャストの能力をいくら高めても宝の持ち腐れ。

そのエリアの店舗を出資提携した後はそのエリアでひたすら通常営業してファンを増やすと良い。ファン数が一定数を突破したと報告が来てもしばらくはファン数増加に尽力すると良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする