【飯テロ】スキンヘッド男の手料理を見よ!安い牛ロースの美味しい焼き方

GENは肉が大好きである。肉を食していれば幸せな肉食男子である。

おかずでもつまみでも万能な肉。その代表が牛肉だ。

今回は100g200円弱の安い牛肉を美味しくステーキにする方法をご紹介。

肉を焼くまでの行程

①材料を買ってくる


家に肉がなければ買ってくることからはじまる。

夕方から(24時間スーパーであれば)朝方にかけて消費期限が近くなった肉に割引シールが貼られることが多い。鮮度は多少落ちるが持ち帰ってすぐ調理すれば十分美味しいので安さを求める人は狙おう。

商品名には大体「肩ロース(ステーキ用)」などと書いてある。ぱっと見ステーキの元になりそうな肉の塊があればそれだ。

後で説明するが白い部分がなるべく少ないものを選んでおこう。

その日に調理しなくてもすぐに冷凍すれば1週間程度は保存可能。解凍する際は時間がかかるが6~8時間程度自然解凍の方が味が良い(気がする)。

ちなみにこのほかに必要なものとして塩コショウ、にんにくチューブ、牛脂、クッキングペーパー、アルミホイルがある、なければゲットしておこう。牛脂はお肉コーナーに置いてあり、お肉を1パック買えば無料でもらえる。

そのほかに、ねぎ バジル カレーパウダー わさび などがあると味に彩りが出て良い。

②肉を常温にする


肉が冷たすぎるとできたときに味が微妙なので20分程度肉を寝かせておく。ただしこの後の③・④行程もセットでやること。

③肉の汁を吸いとる


クッキングペーパーで肉を包んで肉の汁をとる。最悪ティッシュでも可。この行程をすっ飛ばすと焼く音だけはおいしそうだが食べてみると「うーむ」なステーキになりがち。

④肉のスジを取る


白い部分はスジと呼ばれる部位で、これが非常に硬い。ぱっと見脂身っぽく残っていた方が美味しそうだが、事前に取り除かないと後で後悔する。

手でもそれなりにちぎれる。大きなところは手動でちぎり、細かいところは包丁を使うとスムーズ。

⑤肉に塩コショウで味付けする


本格的なゴリゴリまわすタイプのコショーだとより風味が出るが、普通の塩コショウでも十分美味しい。

なお基本的に両面にかけることをおススメする。思ったよりかけたつもりでも、実際に焼く行程でかなり味が薄くなる。

⑥牛脂を加熱する


牛脂を薄めにカットして、フライパンで加熱する。火力は強火でこれ以降も強火を保つ。脂が焦げそうならフライパンの端にずらす。

⑦にんにくチューブを入れる


にんにくチューブを入れて脂ににんにくの風味を持たせる。フライパンを斜めに傾けて油がたまるようにしてそこに入れると良い。ここまでうまくいっていれば非常に良い音(ジュー)がする。

なおにんにくが結構な頻度でフライパンから飛び出してくることがある。フライパンを覗き込むときは斜めから

⑧肉を投入し、片面だけしっかり焼く


いよいよ肉投入。「ジュー」という食欲をそそる音が大きくなる。

次の行程への準備としてアルミホイルをまな板の上に広げておく。

ポイントをひとつ。片面だけ焦げ目がつくレベルでしっかり焼く。焼けたらひっくり返すが、ひっくり返してからの加熱は少し(30秒弱)でOK。中まで火を通さずに赤身部分がある程度残るようにするのがコツ。

⑨アルミホイルで包む


救出した肉をアルミホイルですばやく包む。これによりうまみが凝縮されより美味しくなる。2・3分放置する。

⑩肉を切る


アルミホイルを開いて、一口サイズに包丁でカットする。この状態で普通に切るとアルミホイルを包丁が巻き込んでしまうが、肉を重ねて肉の上から肉をカットする形であればアルミホイルに鑑賞される心配が無い。

最後の2きれくらいになったらアルミホイルをどけて普通に切る。これにて完成!



ねぎを添えるとさらに美味しそう。


人と会う予定の無い方はにんにくと一緒にいただくのも良い。わさびも合う。

たんぱく質の塊のような料理なので、ダイエット中・筋トレ中の方にも非常におススメメニュー。やったことのない方は是非お試しあれ。

 

教育

GENのプロフィール

(Youtube定期更新中!)

意識の低いWeb屋7年目。ネットを用いた物販・広告・金融業が得意。twitterはこちら

ライティング依頼の詳細

 

スキンヘッド男道【禿げてもええやないか】