【たまには洗ってあげよう】キーボードクリーニングのススメ


パソコンパーツの中でも圧倒的に汚れやすいのがキーボードです。

毎日PCの前に座るGENにとってはもはや相棒レベルの存在ですが、一切洗わずに使い続けると入力感度が悪くなったりキーが押しにくくなったりします。

キーボードは定期的にメンテナンスして快適な環境を保ちたいところです。

今回は実際にキーボードを洗う様子をたどっていきましょう。

キーボードを洗おう

GENのキーボード


GEN愛用のキーボード。もう10年近く使ってます。


隙間やキーに結構な汚れが。


普段触れる箇所が少ない右側もなかなかの汚れっぷり。

分解してみる


裏側にはたくさんネジで固定されている箇所があるのでーーー


ねじを一通り外して蓋?を開けてみると・・・


こんな感じ。下は信号線のシートや基盤。これがキーの上から押されることで回路が成立してパソコン本体に「Aを押しましたよ」「Bを押しましたよ」といった情報が送られています。

キー部分のクリーニング


キーの部分はプラスチック製。洗面台でシャワーしてもOK。


石鹸(今回はハンドソープ)でしっかり洗う。使わなくなった歯ブラシはこういうときに大活躍。


石鹸を流した状態。振るたびに結構な水滴が落ちてきます。お風呂場に置いて乾かしましょう。すぐに使いたいときはティッシュなど吸水性の高いもので拭きます。

信号線シート&基盤部分のクリーニング


こちらは精密機器なので洗面台にぶち込むわけにはいきません。ということでダイソンで汚れを吸引!信号線シートは固定されておらず外れやすいですが、向きや角度などぴったり重なるようにできているのですぐ元に戻すことができます。


ばしゃばしゃ水洗いはできませんが、ウェットティッシュで拭く程度であればOK。こびりついた汚れもこれでスッキリ。

クリーニング完了


各パーツをくっつけた状態。最初と比べると一目瞭然。


アップにするとさらによくわかる。うん、素晴らしい。綺麗になりました。

新品のような感覚で入力できるようになり、タイピング速度や精度が上がります。PCに座る時間の長い読者の方ーーーぜひお試しあれ。

IT・パソコン・ネット
GENをフォローする

GENのプロフィール

(Youtubeにて毎週生放送中)

意識の低いIT自営業7年目。ネットを用いた物販・広告・金融業が得意。2020年はかねてより準備していたプログラミング(マークアップ・コーディング)の発信を開始。 twitterはこちら

禿げてもええやないか!スキンヘッド男道
タイトルとURLをコピーしました