これでダイエット!? コッテリーナイスとトッピングのススメ

ラーメンやうどんといった麺類を嫌いな日本人は少ない。GENもそんな一人である。

しかしやたらめったら食べるとすぐに太ってしまうのが辛いところ。

今回はGENがおススメのカロリーオフ麺と、コスパ抜群のトッピングをご紹介。値段に対して高い満足感と栄養価の高さを保証する。

スポンサーリンク

カップヌードル コッテリーナイス

10種類近くの糖質OFF麺を試したGENだが、現状これに落ち着いている。

通常のカップヌードルの半分のカロリー(180kcal)でありながら、満足度が極めて高い。

元々の味が濃く、空きが来にくい味付けがなされており非常に栄養バランスも良い。

麺のコシや食べ応えは薄いので、後述のトッピングを併用すると良いだろう。

濃厚!ポークしょうゆ

オーソドックスな味。通常のしょうゆベースのカップヌードルに最も近い。

良く言えば王道、悪く言えば面白みはない。とりあえず迷ったらこれ。

濃厚!キムチ豚骨

キムチ・豚骨という更なるこってりフレーズが並んでいるが、実際は少しスパイシーな程度でそこまで強いパンチはない。

塩っ気が最も強いので塩辛いのが好きな方にはおススメ。若干唐辛子が入っているので辛いのが苦手な方は非推奨。

濃厚!クリーミーシーフード


GENが最もおススメする現状最強のカロリーオフカップ麺。後述するどのトッピングでも抜群の相性を発揮する。

ほのかに牛乳らしき成分の香りと風味が口に広がるが、基本はシーフードヌードル。

スープも魚介類の深みが十分入っており最後まで口が飽きない。

弱点は最初の数食は口が慣れにくい点。一食であきらめるのは勿体ないのでぜひ数回チャレンジしてみてほしい。

糖質オフカップ麺へのおススメトッピング

トッピングを追加することでダイエット食としての栄養バランスを良くしてさらに高品質の食事へと変貌する。味にも深みが出るおまけつき。

いずれも低価格で腹持ちが良く、タンパク源としても優秀なので非常におススメ。

余談だが節制・ダイエットをより意識するのであれば、お湯を入れてから待たずにすぐ食べることをおススメする。麺が堅い分沢山咀嚼する必要があるので満腹度が高まりやすく、腹持ちが良くなる。

生卵


コスパ最強食品。低価格ながら全方位的に栄養価が高く、味もシンプルながら濃厚。

カップヌードル容器の構造上、最初に入れると麺の一部にお湯が当たらないリスクがあるのでお湯を入れてから投入することをおススメする。

チーズ


高タンパク低脂肪の代表格。

おススメはとろけるタイプのチーズを2枚入れること。一気にチーズの主張が増し、味に深みが出る。

ツナ缶


チーズと並ぶタンパク源。保存も効くのでこれ以外の用途でも常備しておくと良い。

缶詰を開けた際に缶の中の汁・水分はあらかじめ切っておくと味が薄くならない。

スーパーノンオイルのものを選べば、ほぼタンパク質なので非常にヘルシー。

番外編 糖質ゼロ麺+いろいろなソース

最後に紀文の糖質0麺を使った鬼痩せメニューをご紹介。コッテリ―シリーズほどのコスパはないが、現状次点でお勧めできる。

水をしっかり切るだけでそのまま食べることができる手軽さが魅力。

おからとこんにゃくをメインに炭水化物を一切使用せずに作られており、1食18kcalというカロリー破壊ぶり。

肝心の味だが単品の素材としては正直微妙。濃いめの味付けとセットにすることで常食となり得る。

粘度の高いスパゲッティソースやレトルトカレーをぶち込むと非常においしい。ぜひお試しあれ。

生卵+めんつゆというオーソドックススタイルも良いが、GENには麺の食感の違和感が拭えず断念。

ちなみに丸麺と平麺の2種類があるが、平麺の方が美味しく感じた。

賞味期限が約2週間程度であることと、要冷蔵であること、1食100円少々かかることなどの弱点もあるが、これらはコッテリーシリーズが優秀すぎるが故に出てくるお話である。単独で見れば十分優秀な食品である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする